【公的介護保険外サービスはなぜ必要なのか? 2つの理由】

介護保険外サービスは、要支援・要介護認定をされていない人でも利用することができます。また、市町村によって、無料のサービスが提供されているところもあります。(例えば、神奈川県三浦市における「緊急通報サービス」)

 

●介護保険外サービスの登場


日本は深刻な少子高齢化を迎えており、介護サービスの充実化は、喫緊の課題となっています。

平成12年の4月から始まった介護保険制度により、要介護・要支援認定の被保険者が、原則、1割の自己負担でサービスを受けることができるようになっています。

今や、介護保険サービスは私たちに国民とっては欠かせないもの。

しかし、高齢者の増加・核家族化・共働き家庭の増加・離婚率の上昇などにより、"さらなる介護の充実が求められている"のが現状なのです。

そこで、活用が期待されているのが、公的介護保険外サービスです。

介護保険外サービスは、要支援・要介護認定をされていない人でも利用することができます。また、市町村によって、無料のサービスが提供されているところもあります。(例えば、神奈川県三浦市における「緊急通報サービス」)

そして、お金がかからないことだけが、介護保険外サービスの利点ではありません。

 

今回のコラムでは・・・
介護保険外サービスが求められている、2つの理由をご紹介します。


●公的介護保険外サービスが求められている 2つの理由

介護保険外の家事サービスでは、ほどんどの家事を代行してくれます。


○ニーズの多様化

高齢者の増加は、ニーズの多様化と結びつきます。介護保険外サービスは、高齢者やその家族からの細かいニーズに応えるためにも、必要とされているのです。

たとえば、介護保険サービスでは適用されない、配食サービス、掃除・洗濯サービス、病院や高齢者福祉施設までの送迎サービス、などがそれに該当します。サービスの種類は各市町村により異なりますが、ここに挙げたものは整備されている市町村が多いようです。


○介護の質向上

現在、介護保険サービスを受けている人であっても、介護保険外サービスを利用することができます。2つを併用することで、より、高齢者とその家族の日常生活を充実させることができるのです。

どちらも市町村が提供するものですので、ひいては、地域全体で介護の質が向上していくことになります。そのことは、長い目で見ると、各家庭の介護負担の軽減や地域の活性化に貢献していくことにもつながるのです。


現在、介護が必要でない方にとっても、これら介護保険外サービスについての知識は持っておくと役立つはずです。

 

 

執筆者「尾崎 海 (おざき かい)」


  • はてなブックマークに追加
2016年12月11日