努力が収入に見合うものとは限らない!?

消費税が先送りになりましたが収入が増えないと気分は梅雨。


お給料が少ないと、あがいている人は少なくないでしょう。


資格・高学歴なら違った将来が待っていたのにと思った方も多いのでは・・・・。


しかし、学歴や資格があれば高収入が約束されるわけではありません。


頭が悪いからといって貧乏人になっている人をどのぐらい知っているでしょう。


収入の違いは選択にあります。


人は選択を毎日繰り返しています。


日常生活では、毎日、無意識に何を選んで何を選ばないのかを繰返しているのです。


選択の積み重ねがあなたの収入を決めてしまったといっても過言ではありません。


お金を増やす能力は選択の力です。


運動神経に近いかもしれません。



日頃のトレーニングによってグローバルな視点を磨いてほしいのです。





●資格が収入に比例しない


たくさんの資格を取得した高学歴の人が、いい暮らしをしているのかと思っても貧乏生活から脱出できない人もいます。


一見、資格と学歴があると有利に感じられるものですが、それが災いを招いてしまう要因になることもありうるのです。


なぜ? なのでしょう。


将来の方向性を見つけるまで時間が、かかり過ぎてしまうことがあるからです。


資格があると可能性や選択の幅が広がりますが、可能性をすべて受け入れることができるものでしょうか?


ことわざに「二兎を追う者は一兎をも得ず」がありますが、選べるものが増え過ぎてしまうと、選択できなくなってしまうものです。



かえって選択肢絞ってキャリアアップを図った方いい場合もあうるのではないでしょうか。



教育にかけられるお金は未来への投資ともいいますが、目標を定められないと投資は辛いものです。


私のお勧めは、一番できるものを極めるために資格取得することです。


好きなことは多少の試練が待っていても『あきらめない気持ち』が強いもの。


モチベーションは成功へ導くための原動力なのです。


どんな仕事でも10年続ければ、その道の達人と周りの人は見てくれるものです。

2016年06月07日