鍼灸で花粉症対策

 

くしゃみ・鼻水・目のかゆみ…。花粉症の症状はつらいですよね。
鍼灸のパワーで、花粉症に負けない身体作りしてみませんか?

雪が解けて本格的に春の足音が聞こえて来ましたね。気温も上がりココロもウキウキする一方で、「憂うつな春」を迎えている方もいるのではないでしょうか。不快な花粉症の症状は鍼灸で撃退しちゃいましょう!

 


花粉症とは

身体に入り込んだ異物(花粉)を撃退しようとする防御反応です。これが過剰に反応するとくしゃみや鼻水といった諸症状があらわれます。北海道では3月下旬からハンノキ、4月下旬からはシラカバの花粉が飛び始めます。

「病院に行くまででもないけど…」「あまり薬は飲みたくないのよね。」というそんな方、
鍼灸でツボを刺激して症状を改善させちゃいましょう。


【症状の改善】

合谷(ごうこく)…手の甲側。人差し指と親指が交わる部分。
やや人差し指より。首から上のトラブルに効く万能ツボ。

鼻水・鼻づまりや目のかゆみに効果があります。


【体質の改善】

大椎(だいつい)…首を前に倒したときに飛び出る骨の下。

体全体の免疫力を高めるツボです。

お灸ももちろんですが、ホットタオルやドライヤーで温めるもの効果があります。

他にも「鼻の症状に効くツボ」「目の症状に効くツボ」有効なツボが様々あります。
ツボの位置を教えてほしい方、ツボの位置がわからない方はぜひご相談ください!

このご時世、換気をしたいけど花粉が家の中に入ってくるのは嫌ですよね。

そんな時は、窓を開ける時にレースのカーテンを閉めて換気するだけでも家の中に入ってくる花粉の量が激減するそうです。
また、シラカバ花粉症の方は、バラ科の果物(りんご・もも・さくらんぼ)で口の中がかゆくなる等のアレルギー反応が出ることがあるので気をつけてくださいね。

今年は鍼灸の力で花粉症に負けない体を手に入れちゃいましょう!

 

訪問はりきゅうの施術メニューのご案内


  • はてなブックマークに追加
2021年03月24日